うつを寄せ付けないための秘策|心の元気を取り戻せ

看護師

うつ状態を放置しない

ドクター

うつを感じたら早めに対策

気分がすぐれないといった状態がいつもより長く続いたり、ちょっとしたことでイライラしたりと言ったことがある場合、もしかするとうつ病を発症する前触れなのかもしれません。うつ病を発症すると、その治療はとても長い時間がかかります。もし自分で何かいつもと違うと感じた場合は自分なりに予防できる方法がいくつかあるので実践してみましょう。憂鬱な考えが続く場合は何らかの原因がある場合です。会社だったり学校だったりと、その原因は様々かもしれませんが、もし少しの間離れられるのであれば少し憂鬱な気分になりやすいところから離れてみましょう。うつ病は立派な病気です。その兆候があるという事は病気の予備軍ですから、早期に回復させるために行動を起こすことは何も間違っていません。身体は何も不調が出ていないのに休むことに抵抗があるかもしれませんが、うつ状態になっているときは何よりも憂鬱な気分になる場所から離れてゆっくり休むことが重要です。うつ病になる最大の原因はストレスだと言われています。もしストレスを多大に感じていることを実感しているのであれば、休日など自由な時間があるときに思いっきりストレス解消しましょう。趣味がある人は趣味にいそしむのもとても有効です。好きな事をしているときは嫌なことを忘れて無心になることが出来ますし、楽しい体験をすることによってドーパミンがたくさん分泌され抑うつな気分が改善されます。うつ病は比較的男性よりも女性の方がなりやすい病気です。女性は話をするのが大好きですから、気分がすぐれないなと思ったら友人や親しい人に話を聞いてもらうのもとても効果的です。実際にとある調査結果ではかかりつけのお医者さんが要る女性よりも、話を聞いてくれる友人や知人がいる女性の方がうつ病になる確率は低いという結果が出ています。手早くストレスを解消したいのであれば会社が終わった時に緒と寄り道をするのがとても有効です。本を読むのが好きなのであれば本屋さんや図書館によって読書するのも良いですし、身体を動かすのが好きな人はスポーツクラブやジムに入会し、汗を流すと良いストレス発散になります。