うつを寄せ付けないための秘策|心の元気を取り戻せ

ドクター

うつ病は予防できる

病院

うつ病は、真面目な方がなりやすいとされています。ですから、あまりストレスをため込まないように注意していきましょう。また、うつ病には心療内科があるクリニックにて治療が受けられます。カウンセリングを受けるだけでも心が軽くなりますよ。

食事でうつは防げる

レディ

トリプトファンを摂取

うつ病はこころの風邪といわれるほど誰もがかかりうる病気であり、現在10人に1人の割合で発症していると言われています。もしかしると同じ職場の部署や学校で過ごしている人たちの中に実際にうつ病で苦しんでいる人が居るかもしれませんし、知らず知らずのうちに発症するかもしれません。しかし、うつ病は対策をとることによってある程度自分自身で予防することが出来る病気です。うつ病を予防する方法としてすぐにでも出来るのが毎日の食生活です。実はうつ病になりにくくするための食事法というのが存在します。うつ病を発症する根本的な原因については現愛も研究が進められているのですが、有力な説とされているのが脳内のセロトニン不足です。実際にうつ病を発症している患者さんの多くがセロトニンの分泌量が低下しているという調査結果が出ています。ですから、セロトニンの分泌量を一定以上に常にキープしておけばうつ病を予防することが十分可能であると考えられています。セロトニンはトリプトファンと呼ばれている物質から作られているので、トリプトファンをたくさん含んでいる物質を摂取するようにしておけばうつ病は予防できる可能性が高いです。トリプトファンは肉類を始めとして納豆やたらこ、牛乳に多く含まれています。とはいえ、納豆やご飯でセロトニンを補充しようとするとかなりの量を食べる必要があります。納豆やたらこは大量に食べるものではありません。一方、肉類であれば100グラム近く摂取すれば必要なトリプトファンが得られるとされています。毎日100グラムのお肉であればそれほど摂取するのに苦痛にはならないのではないでしょうか。お店の牛丼並盛は牛肉が90スラム近くだと言われているので、100グラムというのは大人では少し物足りなく感じる量です。トリプトファンをたくさん接収することによって防ぐことが出来るのはうつ病だけではありません。トリプトファンは睡眠と関係の深いメラトニンという物質の分泌を促す効果もあります。トリプトファンをしっかり摂取することで質の良い睡眠を得ることもできます。

うつの症状とは

相談

うつは特別な病気ではありません。心の風邪と呼ばれるほど誰もが簡単にかかる身近な病気なのです。家族や友人また同僚がかかっても不思議ではありません、自分自身がかかる可能性だってあります。